使わなくなった古いwindowsノートパソコンをクロムブックにする方法

お得情報
スポンサーリンク

必要なもの

1.ノートパソコン スペックは下記以上

  • 64bitのCPU 
  • 2GB以上のメモリ 
  • 16GB以上のストレージ(HDD)空き容量 

2. 中身空なUSBメモリ 8G以上(USB3.1以上が望ましい)

3.クラウドレディのOSとそれをUSBにインストールするツール。

クラウドレディ とは

CloudReady は アメリカの ソフトウェアベンダー「 Neverware 」が開発している PC を Chromebook 化できる Chromium OS ベースの オペレーティングシステムで、Home エディションのみ無料で利用可能。

まあ、平たく言いますと、OSクラウドレディをインストールすると、インターネットブラウザーとしてクロムしか使えないノートパソコンが出来上がります。

ネット見るだけなら問題ないし。なお、アプリとかツールは今のところ使えません。

おや、こんなところにノートPCがあるぞ

1.ノートパソコン Stream 11-y003TU

カタログスペック

CPU インテル Celeron Dual-Core N3050(Braswell)
1.6GHz/2コア
CPUスコア 583
画面サイズ 11.6 型(インチ)画面種類 
解像度 WXGA (1366×768)タッチパネル 
2in1タイプ  ワイド画面 
表面処理 メモリ容量 2GB
メモリ規格DDR3L PC3-12800メモリスロット(空き) 
ストレージ容量 eMMC:32GBHDD回転数  
詳細スペック
OSWindows 10 Home 64bitOffice詳細  
ドライブ規格  ビデオチップIntel HD Graphics
ビデオメモリ 駆動時間MobileMark 2014:10.75時間
インターフェースHDMI端子
USB3.0
microSDカードスロット
インテル Evoプラットフォーム 
ゲーミングPC USB PD 
ファンレス 生体認証 
センサー BTO対応 
その他Webカメラ
Bluetooth
 

こんななりですが、WIN10が入ってます。まともに動きませんがw

WIN10で動かすには役不足なので、クロムブックに変えようかと思います。

2. USB3.1メモリ 8G

とりあえず8G以上あれば何でもいいです。USB2だと速度が遅すぎるのですが、使えなくはないです。

3.クラウドレディのOSとそれをUSBにインストールするツール

400 Bad Request

クラウドレディのOSインストールツールは は上記から、

このツールはクラウドレディをダウンロードして、そのままUSBに起動できるメモリとして書き込みます。

cloudready-usb-makerをダウンロード

cloudready-usb-maker を起動

8Gか16Gのメモリ用意しやがれ、20分ぐらいかかるよ。 next

サンディスクのメモリは使えないよ、USBメモリ確認ヨロ。

USBメモリを選べ。

書き込みなう。

出来上がり

ノートバソコンの起動順番を変える

HP Stream 11にCloudReadyをインストールする【インストール編】
CloudReadyのインストール作業は非常に簡単です。ただ初めにUSB内のCloudReadyの設定をした後に、ストレージへのインストールは別途作業になりますので、注意が必要です。

USBメモリから起動するには、起動順番を順番を変えなくてはいけませんが、それを変更するのがBIOS設定。この機種の場合だと、電源入れて-ESC連打-F9である。

BIOS設定

システムを選んで

BOOTの選択をUSB機材が一番に起動になるように設定。

その後F10電源を切ってクラウドレディの入ったUSBメモリをUSBにさす。

その後起動。うまくいけば、USBメモリ起動のクラウドレディになります。

USBメモリ起動のクラウドレディ

起動画面

言語とキーボードを日本語に

Wifi接続(有線でつなぐなら設定なし)

googleのIDとパス入力

クラウドレディがUSBで起動した後、ノートパソコンにインストールするなら、

install OSを。

インストールが終わると電源が落ちるので、起動しなおすとノートパソコンからクラウドレディが起動する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました