『パタリロ!』ラベル オホロイスク1999(whiskymew) (12月7日より)

コラム

「誰が殺した、クックロビン」とか思い浮かべつつ

今だったら絶対放映できんよなあ。TVでゴールデンタイムに放送してたもの。

『パタリロ!』ラベル オホロイスク1999
少女漫画界の伝説ギャグ漫画、『パタリロ!』。殿下とバンコランとマライヒのウイスキーラベルが斬新
品名価格(税込)
『パタリロ!』ラベル
オホロイスク1999
27,500円抽選予約申込

本商品は抽選による販売となります。

抽選予約受付期間/2021年12月7日(火)12:00~12月9日(木)23:59

抽選販売数/107本

※お一人様、1回1本限りのお申し込みとなります。同居人様のご応募は無効とさせていただきます。

本数も少ないし、価格もそこそこ、期間も短い。

見かけたら申し込みですな。

内容抜粋

少女漫画界の伝説ギャグ漫画、『パタリロ!』。
殿下とバンコランとマライヒのウイスキーラベルが斬新

『パタリロ!』と聞くと「だ~れが殺したクックロビン♪」と口ずさむ方も多いのではないでしょうか。1978年の『花とゆめ』連載から始まり、現在は総合エンタメアプリ『マンガPark』にて、いまや40年以上もの連載を誇る『パタリロ!』(魔夜峰央/著)。ギャグのみならず、怪奇ものやSF、アクションにミステリーと、ジャンルを横断した唯⼀無⼆の世界でドタバタ劇を繰り広げています。

主⼈公は、マリネラ王国の国王パタリロ・ド・マリネール8世。ずんぐりむっくりの体形で、⾝体能⼒は超⼈化しており、ひとをおちょくることが⼤好きなトラブルメーカー。何より独特のギャグセンスがとまらない‥‥‥!!

また、近年では2.5次元ミュージカル化もはたされ、加藤諒氏が演じたパタリロの完成度の高さで話題に。2021年には第三弾も上演される人気作に成長するなど、現在も活発な漫画作品です。

ラベルにあしらわれたイラストは、個性的なメインキャラクターであるパタリロ、バンコラン、マライヒがトランプになったデザイン。そのラベルに合わせ、⼭岡秀雄が選んだウイスキーは、「オホロイスク1999」。スコットランド・スペイサイド地域に1972~1974年に建てられた蒸留所です。設立当初から⾼く評価されていましたが、外国⼈には発⾳が難しいこともあって、かつては「ザ・シングルトン」という名で発売されていました。J&Bなどのキーモルトを造る蒸留所で、現在のオホロイスクのシングルモルトのラインナップとしては、「花と動物シリーズ」などがあります。

『パタリロ!』ラベルの丹精込めた逸品で、笑いながらウイスキーを楽しみましょう。

(Auchroisk1999)

総本数205本。700ml。熟成年数22年。アルコール度数57.1%。

原材料はモルト。原産地はスコットランド(英国)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました