ダミーの個人情報を作る。 氏名・住所・クレジットカード情報など、無償で最大1万件までの「個人情報ジェネレーター」

アプリ
個人情報テストデータジェネレーター
アプリケーションのテストなどで利用できる、リアルな架空の個人情報データ(疑似データ)を生成するツールです。
開発者向け「個人情報テストデータジェネレーター」を無償で提供開始|株式会社ユーザーローカル
 株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、システム試験用の疑似個人情報データをワンクリックで自動生成できる「個人情報テストデータジェネレーター」を、2021年9月9日から無償で開発者向けに提供開始します(写真1)。…

生成できるのは、

自動生成できるダミーデータ種別の例
・氏名
・生年月日

・血液型

・電話番号

・携帯

・郵便番号

・住所
・クレジットカード番号

・クレジットカード期限
・マイナンバー

氏名は漢字・平仮名・片仮名・ローマ字などを選択でき、年齢は「20~80歳」など指定した範囲を基に日本の人口比に合わせて出力できます(最大1万件)。

システム開発時には、本番運用を開始する前に動作テストやセキュリティチェックの実施が不可欠です。しかし、実際の会員情報でチェックすることは危険なためダミーのデータを使ってテストを実施しますが、このダミーデータ作成には大きな手間がかかるという課題がありました。

そこで、ユーザーローカルでは、実在データと同品質のテストデータを大量に自動生成する「個人情報テストデータジェネレーター」を無償で提供します。また、実データに極めて近い品質のデータを生成できるため、不正アクセスへの備えとしてのダミーデータ作成にも利用できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました