語尾力を鍛えると、文章は美しくなる。

ネタ
スポンサーリンク

語尾力を鍛える

語尾力いう単語は存在しません。存在しませんが、語尾を鍛えたら文章はとてもよくなります。それを語尾力と言えば、そうなるでしょう。

WEBだけに限りませんがライティングの技術のひとつです。皆さんも語尾を鍛えて、ライティングの技術のスキルアップをしましょう。

語尾を鍛える

変化を付ける

例文 

これは子供が作った朝ごはんです。
ごはんとみそ汁と目玉焼きです。
とてもおいしかったです。

語尾に「です」が3回続いています。「です」も2回までならいいのですが、3回続くと単調な感じがします。

修正例文

これは子供が作った朝ごはんです。
ごはんとみそ汁と目玉焼き。
素晴らしくおいしかったです。

このように、語尾に変化をつけることで、文章にメリハリが生まれます。単調さがなくなりました。

例文

野球などで見られるチームプレーは日本の武器だ。
昔からチームプレイのような動きが得意なのが日本人だ。
たとえ体格や能力で相手チームに劣っていても、全員がチームプレーに徹すれば、勝利を引き寄せることができるのだ。

語尾に「だ」が3回続いているため、単調な印象を与えてします。

修正例文

野球などで見られるチームプレーは日本の武器だ。
昔からチームプレイのような動きが日本人は得意である。
たとえ体格や能力で相手チームに劣っていても、全員がチームプレーに徹すれば、勝利を引き寄せることができる。

「だ。」の表現を変えるほかに、「体言止め」を使ったり、主語を入れ替えたりすることでも、
語尾に変化をつけることができます。

語尾の種類を増やす

上記の例文の語尾は「です」「だ」のように断定の語尾です。「です」が敬語です。「です」だけ使いすぎると平坦すぎる文章になるので、そのほかの語尾を使ってみましょう。

その前に

「です。」「だ。」相互変換ページ
【みんなの知識 ちょっと便利帳】語尾を変換する - 「だ調」を「です調」に、「です調」を「だ調」に変換
語尾変換 - 「だ調」を「です調」に、「です調」を「だ調」に変換します。『みんなの知識 ちょっと便利帳』の一部です。 /

敬語

「です。」「ます。」

ですます調と言われる文章ですね。

これは子供が作った朝ごはんです。
ごはんとみそ汁と目玉焼き。
おいしくいただきます。

「でした。」「ました。」を使うと過去や完了を表現できます。

「ません。」

否定ですね。

これは子供が作った朝ごはんです。
ごはんとみそ汁と目玉焼き。
おいしくいただきません。

例文は意味としてはおかしいですが、文章としては通じます。

「しょう。」

これは子供が作った朝ごはんです。
ごはんとみそ汁と目玉焼き。
おいしくいただきましょう。

現在で決定、進行などに使います。

「ください。」

これは子供が作った朝ごはんです。
ごはんとみそ汁と目玉焼き。
おいしくいただきください。

お願い、頼みなどに使います。

「でしょうか。」

これは子供が作った朝ごはんでしょうか。
ごはんとみそ汁と目玉焼き。
おいしくいただきください。

疑問、問いかけに使います。

「だそうです。」

これは子供が作った朝ごはんだそうです。
ごはんとみそ汁と目玉焼き。
おいしくいただきください。

伝聞、聞いた話を相手に伝えるときに使います。

話し言葉

話し言葉」とは、会話から生まれて広がった、新しい言葉の使い方です。 「なので」は話し言葉です。 普段の会話で使用していると、なんだか正しい言葉遣いのような気がして、文章作成の際にもつい使ってしまうことがあります。 しかし、「話し言葉」は、歴史も浅く、正式な言葉遣いとは認められていません。

「ですよ。」

これは子供が作った朝ごはんですよ。
ごはんとみそ汁と目玉焼き。
おいしくいただきます。

相手に伝える場合の表現です。呼びかけの意味あいですね。

「ですね。」

これは子供が作った朝ごはんですね。
ごはんとみそ汁と目玉焼き。
おいしくいただきます。

相手に確認を求める、共感を得る場合の表現です。

使いどころは違うので、場合に応じて使い分けてください。

止め

体言止め

体言止めとは、名詞や代名詞などの体言で語尾を止める手法のことです。 古くから短歌や俳句で使われていますが、現代文でも日記やエッセイ、小説などの文章ではしばしば使われています。 中学2年生の国語で習います。

これは子供が作った朝ごはんですね。
ごはんとみそ汁と目玉焼き。
おいしくいただきます。

体言止めを使うことで、バッサリ文章の流れが変わります。

用言止め

 動詞、形容詞、形容動詞は用言であり、それで文末を止める手法のことです。

これは子供が作った朝ごはんですね。
ごはんとみそ汁と目玉焼き。
おいしい。

見た目や状況を表現する表現です。

まとめ

このように、語尾を変えるだけで、文章の表現が読みやすく変化します。

貴方の文章は誰に届けますか?相手にあった語尾を使い文章を作り上げてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました