仮想通貨 その1

仮想通貨
スポンサーリンク

仮想通貨とは?

暗号資産(仮想通貨)とは何ですか? : 日本銀行 Bank of Japan

抜粋

「暗号資産(仮想通貨)」とは、インターネット上でやりとりできる財産的価値であり、「資金決済に関する法律」において、次の性質をもつものと定義されています。

  1. (1)不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
  2. (2)電子的に記録され、移転できる
  3. (3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

代表的な暗号資産には、ビットコインやイーサリアムなどがあります。
暗号資産は、銀行等の第三者を介することなく、財産的価値をやり取りすることが可能な仕組みとして、高い注目を集めました。

一般に、暗号資産は、「交換所」や「取引所」と呼ばれる事業者(暗号資産交換業者)から入手・換金することができます。暗号資産交換業は、金融庁・財務局の登録を受けた事業者のみが行うことができます。

暗号資産は、国家やその中央銀行によって発行された、法定通貨ではありません。また、裏付け資産を持っていないことなどから、利用者の需給関係などのさまざまな要因によって、暗号資産の価格が大きく変動する傾向にある点には注意が必要です。

また、暗号資産に関する詐欺などの事例も数多く報告されていますので、注意が必要です。詳しくは、金融庁・消費者庁・警察庁による「暗号資産に関するトラブルにご注意ください!」をご覧ください(下記「参考」のリンクからご覧いただけます)。

日本銀行のQ&Aから抜粋してみました。(丸コピーという)

メリットとデメリット

メリット

仮想通貨は通常24時間365日取引が行えるため、自身のライフスタイルに合わせて投資を行うことができます。

購入・換金もその例外ではなく、いつでも仮想通貨を使ってお金のやり取りができ、金融機関の営業時間等に煩わされることはほとんどありません。

また、仮想通貨の価値は常に変動しています。そのため仮想通貨の取引所において、ビットコインをはじめとした仮想通貨をトレード・売買することにより収益を上げることが可能であることも、

仮想通貨のメリットのひとつといえるでしょう。

デメリット

・日銀のまとめの

(3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない という点が、他の金融資産と違うところです(FXとか先物とかと感覚は同じ)。より

つまり、何処も後ろ盾になってくれないので、資産が紙きれになることもあるという事です。銀行預金だと1000万まで保証してくれますが、仮想通貨に関しては保証が全くありません。

・リスクがすさまじく多い

自分のパソコン、取引所のサーバーなど機械に対してのメンテナンスに気を配らなくてはりません。

特に自分のパソコンに侵入されるとそれだけで、全財産盗まれる可能性があります。

まとめ

これから、仮想通貨は伸びていく分野だと思うので、口座を開いてやっていくべきであり、特に若い人は、新しい技術に目を向けることが大事だと思います。

次回予告

まずは仮想通貨取引所を開設から。

コメント

タイトルとURLをコピーしました