twitterのスペースについてまとめてみたよ。

便利機能

スポンサーリンク

twitterのスペースとは(以後スペースとする)

Twitterスペースについて
スペースは、Twitterの利用者が集まり、音声を使って自分たちで作り上げるTwitterのコミュニティです。

スペースは、Twitter上で音声を使ってリアルタイムで会話する新しい方法です。

スペースの使い方

基礎知識

・ツイッター内の完結したライブトーク機能

・ツイッターIDを持つ誰でもホスト(スペース立ち上げ)になることができる。

・ツイッターIDを持つ誰でもスペースに参加できる。

・スペースの構成員は、

 ホスト-主催者、話せる。

 スピーカー-話せる。

 リスナー-聞くだけ話せない。

・ホスト以外でスペースに参加する人はリスナーとしてである。

スピーカーとして参加するには、ホストからスピーカーとして招待されるか、

ホストにリスナーからスピーカーに設定を変えてもらうか、である。

・リスナーで発言したいのなら、「リクエストボタン」でホストに承認されればよい。

・なお、ホストがブロックしているアカウントは招待できません。(参加はできるのか?)

・ホストを含め、最大11人がスペース内で同時に話すことができます。

スペースのつくり方

・ツイッターアプリのみ(ブラウザ非対応)

・アプリは最新のみ。

・フォロワー600人(今はないと聞くんだが、私のアプリには出なかった(フォロワー300人))

0.

スペースの作成者はホストと呼ばれます。iOSを使っているホストは、2つの方法でスペースを開始することができます。ホームのタイムライン上でツイート作成  を長押しして、一番左にあるスペースのアイコン(複数の円からなるダイヤモンドの形をしたもの)をタップするか、Fleetで自分のプロフィール画像をタップし、右端までスクロールして [スペース] をタップします。

スペースの入り方

1.

フォローしている人がスペースを始めると、その人のアイコンが紫に光ってTL画面上部に出てくるので、そこをタップ。(ホストがつぶやいたリンクでも可)

2.

現在参加中の方々のアイコンとともに、「参加しますか」の確認が出るのでタップ。

3.

ブロックされてなければ、リスナーになれます。

リクエストボタンを押すと、ホストに「発言したいです」と通知が行きます。

ホストに承認されれば、スピーカーとして発言できます。

4.

リスナーに戻る場合は再度リクエストボタン。

リクエストボタンの右のハートは感情エフェクト

コメント

タイトルとURLをコピーしました