レインボー朱肉

ネタ
スポンサーリンク

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC+%E6%9C%B1%E8%82%89/

ただ、どこにも押した印影ないんだよねえ。

なんでだろw

【公式】わたしのいろ | オーダーも対応できる印鑑・はんこの通販シヤチハタ (シャチハタではありません)オフィシャルショップ​
わたしのいろとは。 複数の色を織り交ぜた色鮮やかな朱肉。 捺す時の気持ちを表す美しい印影。 押すたびに印影の色合いが異なる、その時々の「わたし」をあらわす。 捺す人、捺す時々の気持ちによって、しるしの色が変わる、まさに自分だけのしるしを表現することができる朱肉です。 ・伝統の赤と墨「にしきごい」色 ・清らかで穏やかな「...

【レインボーみたいな7色の朱肉】コンテンツ

  1. 朱肉は、筆記具の一種で、紫色から使われてきました。 通常、朱肉は赤色をしていますが、別の色の朱肉もあります。墨汁のように滲み、滑らかな線を描くことができます。朱肉は、書道や絵画などの美術作品にまず出せない道具です。
  2. 7色の朱肉の特徴 7色の朱肉は、それぞれ異なる色味を持ち、美しい装飾を作ることができます。 赤、桃色、オレンジ、黄色、緑、青、紫の7色があります。は、代わりに調和していて、美しい色合いを導き出します。
  3. 7色の朱肉の使い方 7色の朱肉は、装飾や書道、絵画などに使用することができます。 、季節のイメージや、イベントに合わせたデザインを作ることもできます。
  4. 7色の朱肉の歴史 朱肉は、日本や中国で薄暗くから使われてきた歴史があります。日本では、平安時代に朱肉を使った書物が作られています。また、中国では、朱肉を使った印章現在でも、伝統的な書道や絵画に耐えられない道具として、朱肉が使われています。
  5. 7色の朱肉の選び方 7色の朱肉を選ぶ場合、使用目的に合わせて選ぶことが大切です。書道や絵画に使う場合は、滑らかな線が引けるものがおすすめです。また、色合いも重要なポイント7色の朱肉は、それぞれ違う色合いを持っているので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。
  6. 7色の朱肉のメリット 7色の朱肉のメリットは、美しい色合いをできることです。一時、一時保存することができます。
  7. また、使い方によっては、色が原因になる恐れがあります。 朱肉は、使い方によっては、インクが出なくなるので、取り扱いには注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました