スポンサーリンク

コロナ飲み薬「ラゲブリオ」(一般名・モルヌピラビル)、9/16から一般流通開始、価格は1カプセル(200ミリグラム)約2357円。

スポンサーリンク
ラゲブリオ®TOP | MSD Connect
MSDが提供する医療関係者向けサイトです。Covid-19治療薬 抗ウイルス剤 ラゲブリオ®(モルヌピラビル)に関するページです。

米製薬大手メルクの日本法人MSDは8日、新型コロナウイルス感染症の飲み薬「ラゲブリオ」(一般名・モルヌピラビル)について、16日から一般流通を始めると発表した。

 ラゲブリオは重症化リスクのある軽症、中等症の患者らが対象の治療薬。2021年12月、軽症者用の飲み薬として初めて特例承認された。これまでに43万人以上に投与された。

 従来は供給量が限られていたことから必要とする医療機関などに国が無償で配布してきた。一般流通の開始は、薬の生産体制が整い、安定供給できる見通しが立ったため、という。

 1カプセル(200ミリグラム)当たりの薬価は約2357円。18歳以上で4カプセルを1日2回、5日間服用するため、1日の薬価は約1万8862円となる。ただし、引き続き公費負担の対象で、患者の自己負担は生じない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました