(冬の定番)携帯カイロ(ハンディウォーマー,ハクキンカイロ)

便利道具

冬の寒さ対策としてのカイロがありますが、今回はオイル式と呼ばれるカイロのご紹介。

「ハンディウォーマー」とか、「ポケットウォーマー」とか言われてますが、

・通勤通学など外出時

・キャンプや釣りのアウトドア

・バイク乗り

・外でのお仕事に

に効果を発揮します。

色々なメーカーから出ていますが、

ハクキンカイロ

ハクキンカイロ|今も新しい、ハクキンカイロ|カイロ 懐炉 スキー スノーボード アウトドア|hakukin 白金
ハクキンカイロはスキーや登山のアウトドアを始め、バイクのツーリングや屋外での仕事の多い方を寒さから守る強い味方です。また女性に多い冷え性などにも効果的です。

ハンディウォーマー(ZIPPO)

Zippo Japan | ハンディウォーマーについて
ZIPPO(ジッポー)ライターのブランドの歴史や商品紹介、オイルライター、ガスライター、アウトドアグッズ、MPLなどの商品情報など。

次点で

EXELUX プラチナエコ暖 ポケット懐炉

EXELUX プラチナエコ暖 ポケット懐炉 オイル付-メテックス オンラインショップ
輸入総発売元 経済的で環境にもやさしい、電気・電池を使わないオイル式ポケットウォーマー。 一回の注油で5〜20時間、ぽかぽか暖かさが持続します。 使い捨てではなく、繰り返し使えるから環境にやさしく経済的。 日常生活・アウトドア活動・旅行・災害時に。 プラチナエコ暖ポケット懐炉の発熱原理は、オイルを直接...

マルカイコーポレーション

ハンディウォーマー mini/マルカイコーポレーション
HANDY WARMER mini[オイル充填式カイロ]ハンディ・ウォーマー・ミニは、ジッポーオイルを使用できるように開発された、何度も使えて、廃棄物を出さず、環境にやさしい、携帯カイロです。

廃盤扱いで

<廃盤品!>コールマンポータブルイージーウォーマー(シルバー)<170-6793> - コールマンパーツショップ by North Field
コールマンの触媒式カイロです。
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/kawasaki+%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC/

これ以外のところは、あんまりお勧めしない。

そもそも、「火口」と呼ばれるパーツが「ハクキンカイロ」のものが代用できるため、

それなら「ハクキンカイロ」最初から買っとけやというお話で。

なお、ZIPPOのハンディーウォーマーもハクキンカイロ社のOEM的な製品となっています(正式には書かれてないが)。

スポンサーリンク

ハクキンカイロの詳細(ZIPPOですがデザインと仕組みはさほど変わりません。)

ハクキンカイロの歴史

呼び名は色々ありますが、ここでは一番有名な「ハクキンカイロ」の名前を取ります。

ハクキンカイロ資料館「ハクキンレジェンドを始動させた男 的場仁市」|カイロ 懐炉 スキー スノーボード アウトドア|ハクキン hakukin
ハクキンカイロはスキーや登山のアウトドアを始め、バイクのツーリングや屋外での仕事の多い方を寒さから守る強い味方です。また女性に多い冷え性などにも効果的です。

一番最初の「ハクキンカイロ」は何と1923年、大正12年です。

ほぼほぼ100年前です。

そのころから若干スタイルは変わりましたが一貫して同じ造りになっています。

使い捨てカイロの普及で忘れ去られて行ったと思いきや、

近年「使い捨てない」というエコな商品として復活の目を見ています。

ハクキンカイロの利点

1.使い捨てカイロの約12-13倍の熱量

2.最大約24時間保温

3.交換部品はあれど、何年でも使える

4.維持費用はオイル代と交換部品だけ

1.2.一回20ccの燃料で、およそ50℃ぐらいの熱を24時間維持してくれます。

13倍の熱量というのは、総熱量を比較した数値で「一度の燃料で長持ちする」という意味。

燃料の量によって、保温時間は変わります。

3.4燃料は使えば毎日、火口と呼ばれるパーツは3か月に一回(100回使用目安)、中綿が3-5年に一回交換する消耗品があります。それを交換すればほぼ一生使えます。

ハクキンカイロの欠点

1.最初に火が必要

2.温かくなるまで時間が必要(10-15分)

3.風と外気(低温)と水にすさまじく弱い。

4.一度火を入れたら、途中で消せない。また、入れた燃料を戻すのも厳しい。

5.匂いが若干ある。

1.これは仕組み上、最初に火を使う必要があるのですが、近年ライター持ってる人が少なくて。

また炎じゃないとダメなので、IHコンロはダメだし、ニクロム線もダメです。

2.すぐに温かくという訳ではないので、注意が必要。

3.例えば雪の中に火がついている「ハクキンカイロ」突っ込めば、一発で消えます。

急激な温度低下にはすさまじく弱いです。

4.消す方法としては、火口を外せば消えるのですが、あんまりお勧めされてないのと、

燃料は残ってしまいます。灯油と違って気化しますので放っておいといてもいいですが。

5.ベンジンを使うので、どうしても臭いが。裏の方法として、アロマオイルを燃料と一緒に入れるという手はありますが、余分なもの入れるので、火口の寿命が短くなります。

ハクキンカイロ実際の使い方

Zippo Japan | ハンディウォーマーについて
ZIPPO(ジッポー)ライターのブランドの歴史や商品紹介、オイルライター、ガスライター、アウトドアグッズ、MPLなどの商品情報など。

コメント

タイトルとURLをコピーしました